ランキングTOP >自分の症状を把握しよう

■自分の症状を把握しよう

病気が重い、軽いではなく合併症の進行で病状を判断する

病気になると自分の病気の状態はどうなのか気になると思います。
糖尿病の場合は、ほかの病気のように、熱が高いとか痛みが強いなどの症状で病気の程度を図ることができません。
糖尿病では血糖値が高いか、低いかはたしかに問題なのですが、
高ければ食事療法をしたり、経口薬を服用したり、インスリンを注射したりといった適切な治療によって血糖値が正常に近い状態で保たれていれば良好でしょう。
また、食事療法だから『軽い』、インスリン治療だから『重い』ともいえません。
食事療法であって、血糖が低くても、合併症が進めば重症といえますし、インスリン治療であっても合併症がなく、血糖が低ければ軽症ともいえます。

つまり、血糖が高いか低いかではなく、治療法がなんであるかが問題なのではなく、合併症っが良いか悪いかということで判断するのです。
糖尿病は、血糖のコントロールさえ良ければ、健康長寿にもつながります。
しかし、すこしの食べすぎでも血糖値が高くなり、合併症を進行させてしまうので、手強い病気と考えなくては行けません。