ランキングTOP > 糖尿病のストレス

S

■糖尿病とストレスや加齢との関係

2型糖尿病ではストレスが発症に関わる

あらゆる病気の発症に関係するといわれているストレス。
実は糖尿病もストレスと深い関連を持っているのである。
そのひとつはストレスそのものが糖尿病を悪化させる因子をもっていることなのです。
①自律神経が刺対する細胞の感受性が低下する。
③副腎皮質ホル激されて、インスリンの分泌が抑制されてしまうのです。
②インスリンにモンなどインスリンの働きをおさえるホルモンが分泌されることで、血糖値が高くなるように作用する。
などの現象がおこるのです。
ストレス社会を生きる現代人にとって、2型糖尿病は、発症や悪化の時にストレスが大きく関連していることが考えられるようです。
糖尿病とストレスとの関係の第2の問題としては、ストレス解消にとる"やけ食い"などの行動があげられます。
ストレスを解消しようとしてとる行動が、肥満を増幅し、血糖値を上げたりして、糖尿病の発症につながり、糖尿病を悪化させることが問題となるのです。
ストレス解消のためにやけ酒を飲んだり、ドカ食いをしたりして食生活が乱れてしまうと、血糖値を上げる結果となります。
規則正い食生活と、適度の運動によって肥満を防ぎ、ストレスをためない生活をおくることが糖尿病予防となるのです。

40歳以上では10%、70歳すぎると25%が罹患

世界一の長寿国である日本にとっての問題は、加齢s糖尿病との問題なのです。
現在日本では40代以上の10%が糖尿病にかかっていて、70歳以上となるとその25%が糖尿病患者というデータがあるのです。
高齢になってから、糖尿病が発症する場合があるのですが、その多くは中高年で糖尿病が発症し、長い年月を経ているケースなのです。 その場合いは加齢によっって動脈硬化が進んだり、他の臓器にも老化による衰えが進行したりしうていて、様々な合併症が出やすくなります。